Close

2016年1月18日

地元を見つめ直す、みんなの心に火を”灯す”。京都北部の中高生たちの挑戦とは?

皆さんは中高生の時に自分の暮らす地域について考えたことはありますか?

いくら中高生と言えど、自分の暮らす地域のプラスな面、マイナスな面を感じたことがあると思います。

とくに地方部に行けば、
「自然は多いけれど、電車の本数は少ないよね。」
「コンビニやスーパーが近くにないから不便。」
「遊ぶところが少ない。都会に行きたい。」

良いところもあれば、微妙なところもある。
その狭間でたくさんの想いが生まれます。

地元を見つめ直す、みんなの心に火を”灯す”。

20151122 中高生×パパママ_8723

京都市内から車で北へ行くこと1時間半。

京都府福知山市では有志の中高生が「tomos(トモス)」という団体を運営しています。
自分たちの暮らしている地域を見つめ直そうと彼らは活動しています。

団体名である「tomos」の由来は「人の心に火を灯す」という意味。

tomosは、中高生世代と大人世代がもつ「地元のイメージ」をシェアし、これからの福知山や京都府北部のことをみんなで考える空間を創っています。

今回は、中高生自らが普段の生活で一番身近にいる大人世代である「父親・母親世代」に焦点を当てながら”地域を見つめ直す”イベント、その名も「パパママセッション」のレポートをお送りします。

地元・福知山の”良いところ”、”自慢なところ”はどこですか?

20151122 中高生×パパママ_2246

世代によって、地元・福知山の見つめ方が違うと考えた中高生たち。そこでまず参加者たちに問いかけたのは「福知山の良いところ」、そして「自慢したいところ」でした。

各グループに分かれて、参加者それぞれが感じる「福知山の良いところ」を出しあいます。

参加者の中には、「地元(福知山)の良いところなんてないよ!」と言い張る小学生もいました。

一方で、中高生たちからは「自然が多い!」や「食べ物がおいしい!」といったような、”地方部だからこその魅力”が挙げられました。
また、福知山市には高校が6校あることにも触れ、「高校の数が多いため、進路の選択肢がたくさんある」といった地元の中高生ならではの意見もありました。

活き活きと「地元の魅力」を語る中高生たちの姿を見聞きし、先ほどの小学生が「雪が多いところが良い」と意見を出していたシーンはとても印象的でした。

20151122 中高生×パパママ_7098

そして、「父親・母親世代」からは子育てをする中で感じられた「福知山の良いところ」が数多く挙げられました。

・近所の親御さん同士でよくある「野菜の物々交換」という文化。
・地域住民同士が道端で挨拶をしあう関係性があること。

・自然の遊び場が沢山あること。
などが挙げられました。

たしかに「野菜の物々交換」は、誰の手によって育てられたかがFace to Faceでわかるのでとても安心ですね。


また移住してきた大人の方からは、
福知山は程よく都会でも田舎でもあるから、移住初心者にとってはとても暮らしやすい」という意見がでました。

世代を超えて色々な立場や人生の背景があるからこそ「福知山の良いところ」の意見に多様性を感じました。
このイベントを通して「福知山」がもつ魅力が広がっていったように感じます。

そんな地元・福知山とこれからどう関わっていくの?

20151122 中高生×パパママ_9345

イベントの最後には、参加者それぞれが「福知山とどう関わっていくか」の意見交換の時間。

「父親・母親世代」の参加者からは「中高生が推していたおいしい福知山をもっと堪能していきたい」という意見が。
”今まで気づいていなかった”福知山を知っていくところから、地域と関わっていくようです。

20151122 中高生×パパママ_9763

中高生たちからは「高校の生徒会から福知山と良くしていきたい」や「福知山を素敵な場所であると思う人を増やすだけでなく、色々な人たち同士をつなげていきたい」というこれからの意気込みも。

一人が考えている”まちのこと”を胸の内に隠さず、周りに話してみること。

自分だけでなく、周りの人たちが見ている”まちのこと”を知ること。

そして、周りとこれからの”まち”について考えてくこと。

決して、なにか大きなことをしなくていいのです。
自分のできる範囲でコツコツと行動をしたり、考えていくこともとても大切です。

ひとりひとりにとって身近な部分の変化が積み重なって、これからの地域が変わっていくのだと感じました。

中高生たちのまっすぐな想いを大人が支える。

20151122 中高生×パパママ_3131

今回のイベントでは30人を超える方々が参加しました。

tomosのほとんどの活動メンバーは中高生からなります。中高生たちのまっすぐな想いに共感した大人たちや大学生がその活動を支えているのです。

これからもtomosは福知山に対する様々な想いが交差できる場をつくろうと活動をしていきます。
tomosに興味がある、イベントに参加してみたい、福知山が気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。