Close

2016年12月19日

【出発前夜】京都わかもん会議2017へ向けて_01

nantan wakamon pj

2016年12月1日にエントリーフォームがオープンした、「京都わかもん会議 2017」(以下、わかもん会議)。

次回は一体、どんなわかもん達にお会いすることができるのでしょうか? 参加する皆さんは会議にどのようなことを求めておられるのでしょうか? また、これからやっていきたいことって? ということで! 当日へ向けて少しずつ参加者の元を訪れながら、皆さんのお話を伺っていこうと思います。

machinaka bar

今回は発起人の滋野と共に、南丹わかもんプロジェクトが開催しているまちなかBar(※1)へ遊びに行きました。

この日のまちなかBarは「伊根ぶりの会!〜 南丹 × 伊根 〜」ということで、南丹わかもんプロジェクトの用澤菜奈子さん(以下、もっち)と、伊根の地域おこし協力隊杉本健治さん(以下、杉本)が店主を務められました。

machinaka bar

▲会場は南丹市園部町の新町商店街にある「新屋」


machinaka bar

▲この日は、南丹市と加西市の地域おこし協力隊が集まっていました。

(※1)まちなかBarとは…南丹市の新町商店街にある新屋という建物で、月に2回開店しているBarのこと。地元の若者が中心となって “いろんな人たちの交差点みたいな場” になるよう、想いをこめて企画しています。滋野が前回のまちなかBar参加したことをきっかけに、今回の「南丹 × 伊根」のコラボが生まれました。  

早速ですが、わかもん会議にはどんなことを求めていますか?

kenji sugimoto

杉本:一緒にやってくれる人に出会いたい!

滋野:人さらいたい?

もっち: “人さらい” って(笑) でも、私も仲間がほしい!

-わかもん会議のキーワードのひとつは、やはり「仲間づくり」のようですね。 それでは次の質問です。

皆さんがそれぞれ、これからやっていきたいことって何ですか?

nanako mochizawa

もっち:南丹で移住者二世の会を開いてみたいです!30代前半の方々が移住してくれているので、彼ら・彼女らの子どもたちが、これからこのまちでどんなアクションを起こしていくのかな〜と思って。一度そんな方々とお話してみたいです。あとは、シェアハウスなど地域でのプロジェクトを進めていきたい

杉本京都府各地との連携をしたいです。例えば、キーマン同士やまち同士がくっつくような。実際に昨年のわかもん会議から「和束」との交流も生まれましたし。仕事で京都市内と伊根を行き来できるといいな。

もっち:あ!それから南丹わかもんプロジェクトでお金を生んでいきたい

杉本:それは僕も思っています。現状、伊根町内だけでは経済は回せないので、京都府北部の最小単位は丹後かなと思っています。なので、丹後内での事業連携や、もう少し広域に京都府内での連携などもやっていきたいですね。

-もっち、杉本さん、ありがとうございました。

ここで、南丹市の地域おこし協力隊松田章宏さん登場!

akihiro matsuda

-松田さん、さっそくのお申込みありがとうございました!エントリーフォームには、「他の参加者がやりたいことを応援したい」「組織のNo.2の研究をしたい」と書かれていましたが…改めて参加動機を教えていただけますか?

松田:昨年夜から参加して良い刺激とつながりをもらえたので、申込むことにしました。わかもん会議では、課題意識や価値観が近い仲間をひとりでも増やしたいと思っています。また、脱サラして好きな分野に飛び込んだ経験や、地域活性活動で得た経験をシェアできればと思っています。

▼そんな松田さんの当日語り合いたいことはコチラ。

1.逆境にいる人が勇気を出してチャレンジし、それを支援できる継続的な仕組みをつくる仲間を募りたい。

2.組織のNo.2にスポットをあてた研究会をつくりたい。(組織や事業を高いレベルでサポートできるNo.2人材の育成、No.1以外の生き方という価値観の提供がしたい人を集めたい。)

3.わかもん会議だけで終わらないように、定期的に夢を語れる場をつくりたい。

4.自分のマイナスの経験、失敗を話しあって、それに価値を見いだしてくれる人を探してみたい。

-なるほど。松田さん、ありがとうございました。それにしても南丹エリア、とっても盛り上がっていますね!

今回も各地から様々な「わかもん」達が来てくれる、京都わかもん会議 2017。どんな24時間になるのかとっても楽しみですね! 12月20日はオープンミーティングも開催します! お気軽にお越し下さいませ。また、「行けない…」という方に朗報です! FacebookページにてLIVE配信も行いますので、ぜひぜひコメント欄にて参加してください。  

まちなかBar