Close

2017年6月19日

建築 × 空撮ドローンから考える地方創生3日間

どんな地域?

 京丹後市は京都府の最北端に位置し、山陰ジオパークに認定された海岸線や日本最南端のブナの原生林などの自然が豊かな土地です。

 カニ・牡蠣などの海の幸や何度も特Aを獲得したお米、砂地で取れるメロンや梨などの美味しい食も豊富で、歴史的にも約6,000基の古墳や七姫伝説があります。

 そんな場所に、最近いろんなところから「わかもん」が移住してきて、盛り上げています。

 写真だけではわからない、「リアル」な風景、わかもんに会いに、京丹後へ来てみませんか?

Arrow
Arrow
Slider

なぜやるの?

 京丹後市は他の地方と同様に少子高齢化、若者の都市部への流出による人口減少が進んでおり、限界集落と呼べる地域も増加しています。

 一方で近年は移住者やUターン者が増えてきており、移り住んできた若者を中心に、起業する人が出てきたり、いろんな地域活動やイベント企画や活動が行われるようになってきています。

 人と人との繋がりが強く、その中で出来てきたコミュニティから様々なアイデアが生まれ、それをみんなで楽しみながら形としていく。

 そしてそんな魅力に惹かれ、新たな移住者やUターン者が増えていく。そんな好循環が生まれつつあります。

 しかし、まだまだ京丹後市の知名度は低い現状があり、この「いなか留学」を通じて、若者に京丹後市のディープな魅力を知ってもらいたいと考えています。

Arrow
Arrow
Slider

こんなことをします!

 自身もUターン者であり、丹後を「もっとわくわくしたまちにしたい」という理念で活動されてる網野町浅茂川にオフィスを構える「建築事務所blueto」の吉岡大さんが受入の中心となります。

 吉岡さんは建築士として空き家となった古民家のリノベーションし再活用する事業や、ドローンを使った映像を撮影し、丹後の魅力を内外に発信する取組を行っています。

 今回は吉岡さんの活動に密着し、自分名なりの丹後の現状や課題、魅力を見つけてほしいと考えています。

Arrow
Arrow
Slider

プログラム概要

プログラム名 建築×空撮ドローンによる地方創生3日間
活動エリア 京丹後市網野
日程 2017年9月11日(月)〜13日(水) / 2泊3日
定員 10名 ※定員に達し次第募集を締め切ります。
参加費 5,000円
受入協力・宿泊

設計事務所blueto

申込締切 2017年8月10日(木)
申込フォーム 「いなか留学」ページ最下部の「申込フォーム」からお申し込みください。