Close

2017年10月29日

たんたんで働く vol.4【舞鶴】|「若いうちはね、どんな “恥ずかしい失敗” をしても大丈夫!」-万願寺甘とう農家・添田潤さん

jun soeda

 

大学生のみなさんは、これからはじまる「就職活動」にどのようなイメージがありますか?

実際にお話を聞いてみると、「早く働きたい!」という声や「考えただけで憂鬱」という声、「インターンシップどうしよう・・」「はじまるのは大学4年生になってから・・?」「地元に帰りたい」などなど、様々な声を耳にします。

 

少子高齢化や都市部への人口集中、テクノロジーの発達、AIの誕生・・暮らしを取り巻く環境が変化していく中で、わたし達の「仕事」や「働き方」は今後10年、20年の間にどのように変化していくのでしょうか。

 

まずは、地域にどんな仕事があるのか、社会人の先輩方がどのように学生生活を過ごしてきたのかを「たんたんで働く」特集(※1) を通してお届けしていきたいと思います。

近い将来のことをあたまの片隅で思い描きながら、これからの学生生活を過ごすヒントにしていただけると嬉しいです。

(※1)たんたん…かつて丹波国と丹後国の一部であった福知山市、綾部市、舞鶴市のこと。

jun soeda manganjiamatou

第4回目は舞鶴市で「万願寺甘とう農家」をされている、添田潤(そえだ じゅん)さんにお話を伺いました。

万願寺甘とう農家/添田潤さん:1977年、神奈川県横浜市生まれ。中学2年生の時にタイのインターナショナルスクールへ転校。高校2年生の春に帰国し、「農業」の現場を知るために福島県の農家にて住み込みで働き、より専門的に農業を学ぶため 三重県にある愛農学園農業高等学校へ進学。卒業後に茨城県の有機農家で働いたのち、奥さんの地元である舞鶴市へIターン。万願寺甘とうを栽培し始めて6年でJA京都にのくに 舞鶴万願寺甘とう部会長へ就任。

 

甘い! 美味い! 辛くない! 舞鶴市発祥の「万願寺甘とう」

manganji amatou

舞鶴市万願寺地区発祥の「万願寺甘とう」は、今からおよそ100年以上前の大正時代に誕生したと言われています。

偶然の産物であった「万願寺甘とう」誕生の経緯は諸説ありますが、その成分や特徴から、京野菜として広く栽培されていた「伏見とうがらし」と北米原産の「カリフォルニア・ワンダー」との自然交雑により生まれたのではないかと考えられています。(参照:万願寺甘とうHP)

この万願寺甘とうは、スーパーなどで見られる「万願寺とうがらし」とは異なり、JA京都にのくに管内(福知山市・舞鶴市・綾部市)で生産されたもののみが「万願寺甘とう」として販売できます。

いわゆる “あたり” と呼ばれる辛いものはいっさい混ざっておらず、採種から選果まで、品質にこだわりながらひとつひとつ丁寧に栽培しています。2017年6月には京都府初となる「GIマーク(※2)」を取得。舞鶴市では、ピーマン嫌いの子どもにも愛されている地元野菜のひとつです。

(※2)GIマーク・・地域で長年培われた生産方法や気候・風土・土壌などの生産地の特性により、高い品質と評価を獲得するに至った産品の名称のこと。(京都府HPより引用)

 

業界内の「世代交代」にこそ、チャンスがあると思うんです。

manganji amatou

農業は “生涯働ける” という点から高齢化が著しく、現在「JA京都にのくに」の組合員の平均年齢はなんと73歳。先輩方に一人前として認めてもらうのも容易ではありません。

そんな状況を俯瞰しながら、「高齢化している業界はやがて仕事の空きが増える。これからは若者が引き継ぎながらも、業界を変えていく力が必要だと思う。」と添田さん。

まずは「若者には敵わない!」と思われるようになろうと、添田さんは甘とう農家として1番になることを決意。ひたむきに努力を重ねて栽培し、甘とうを育てはじめて6年という異例の早さで甘とう部会の部会長まで登りつめます。

「日本全体で高齢化が進んでいるということは、どんな業界においても高齢化が進んでいるということ。特に田舎の方はそれが顕著に現れています。例えば、何かの職人や商店街、旗振りのおじさん、ユンボを運転する人・・などなど。もうすぐ『世代交代』が必要な仕事には、すでに若者が関わっていく余地ができつつあるんです。進路を考える時にそういった部分を掘り下げていくとおもしろいと思いますよ。」(添田さん)

むしろ、そうしていかないと世代交代が間に合わなくなるんですよね、とお話は続きます。一歩先に向けて取り組みながら、その後も続く体制づくりが現在様々な業界で必要とされています。

あまり知られていないかもしれませんが、添田さんの近所では、フェンス業界でも修行を経て独立する人がいるのだとか。チャンスは案外いろんなところに転がっているのかもしれません。

Next Page▶︎ グローバルな経歴をもつ添田さんから見たこれからの就活や、若者がチャレンジするための秘訣とは?

Pages: 1 2