Close

2018年1月15日

たんたんで働く vol.6【綾部】|「どこで暮らすかよりも、まずは自分がやりたいことができる環境を選びました。」-日東精工株式会社・大塚康平さん

 

大学生のみなさんは、これからはじまる「就職活動」にどのようなイメージをもっていますか?

実際にお話を聞いてみると、「早く働きたい!」という声や「考えただけで憂鬱」という声、「インターンシップどうしよう・・」「はじまるのは大学4年生になってから・・?」「地元に帰りたい」などなど、様々な声を耳にします。

 

少子高齢化や都市部への人口集中、テクノロジーの発達、AIの発展・・暮らしを取り巻く環境が変化していく中で、わたし達の「仕事」や「働き方」は今後10年、20年の間にどのように変化していくのでしょうか。

 

まずは、地域にどんな仕事があるのか、社会人の先輩方がどのように学生生活を過ごしてきたのかを「たんたんで働く」特集(※1) を通してお届けしていきたいと思います。

近い将来のことを頭の片隅で思い描きながら、これからの学生生活を過ごすヒントにしていただけると嬉しいです。

 

(※1)たんたん…かつて丹波国と丹後国の一部であった福知山市、綾部市、舞鶴市のこと。

nittoseiko otsukasan

第6回目は綾部市に本社を構える「日東精工株式会社」の産機事業部で働く、大塚康平(おおつか こうへい)さんにお話を伺いました。

日東精工株式会社/大塚康平さん(2014年入社):1991年生まれ。広島県福山市出身。中学・高校は隣接する岡山県の学校へ通い、大学進学とともに滋賀県へ。龍谷大学 理工学部 機械システム工学科で機械設計を学び、就職を機に綾部市へIターン。入社3年半が経過し、話し言葉が少しずつ 綾部ならではのイントネーションに近づいてきた。

 

綾部市から「100年企業」を目指す、日東精工株式会社。

nittoseiko

1938年に創業した日東精工株式会社。

ねじやねじ締め機、計測・検査装置などの開発設計から、製造、販売まで全てを行う会社です。

事業内容は主に 工業用ファスナー(ねじ)や冷間圧造部品をつくる「ファスナー事業部」、自動ねじ締め機やねじ締めロボットをつくる「産機事業部」、流量計や地盤調査機をつくる「制御システム事業部」という3つに分かれており、大塚さんは産機事業部で設計を担当しています。

nittoseiko

▲ファスナー事業の60周年を記念し復刻された初代ねじ製造用加工機。(ヘッディングマシン)

日東精工はこれまで9万種類以上のねじをつくってきました。海外工場を含めると生産能力は月産22億本を超え、年間260億本ものねじを世界中に供給しています。

また、ねじ締め機は国内トップシェア、地盤調査機は国内シェアが90%以上を超えているなど、日本をはじめ 世界中のあらゆるものづくり産業を支えており、これから「100年企業」へ向けてさらに価値を高めつつ、若い技術者が活躍できる会社を目指しておられるそう。

そんな日東精工で若手技術者として働く大塚さんに、大学時代のことや就職活動のこと、入社後の心境などをお伺いしました。

 

「ロボットの設計がしたい」その一心でここまできました。

nittoseiko

▲高精度なねじの締め付けが可能な産機事業部の製品「KXドライバ」。

昔から「ものづくり」が好きだった大塚さん。

小さい頃はブロックで遊んだり、夏休みの工作を一生懸命取り組んだりするタイプだったそう。中学の頃から数学が得意だったこともあり、進路選択が迫られる高校2年生の頃には「将来はロボットの設計ができたらいいな」と思っていたのだとか。

龍谷大学 理工学部に入学後は、機械設計に必要なシステムやプログラミングを勉強。振り返ってみると課題が多く、1週間で提出する実験レポートは 多い時で200枚・少ない時でも数十枚と、とにかくレポート三昧の日々。コピー&ペーストを避けるため、全て手書きで提出しなければならなかったそう。

それでも、“どうせやるなら早い方がいい” と課題が出た日に徹夜で終わらせる大塚さん。空いた時間には、所属していた軽音サークルの活動や友達との寺社巡りなど、充実した学生生活を過ごしていました。

そして迎えた就職活動。大手就職サイトに登録し興味のある8社にエントリー。はじめに内定をもらったのが日東精工だったそう。現在のところ働いてからのギャップは少ないそうですが、「 “入社後どのように働いているか” というところまでは、あまり明確なイメージをもてていなかったかもしれません。」と就活時を振り返ります。

就職先を絞るにあたり、働く場所は都会であれ田舎であれ “ロボットの設計がしたい” という自身の気持ちを優先していた大塚さん。就職をきっかけに綾部市へ来たそうですが、大塚さんの話し言葉が度々 綾部ならではのイントネーションになっており、綾部での生活に馴染んでいる印象を受けました。

そんな大塚さんに、綾部暮らしの良さについて伺ってみると「とにかく地元野菜が安い!」という返答が。袋詰になった100円前後の地元野菜が「彩菜館」やスーパーの地場野菜コーナーなどで手に入るのでおすすめだそうですよ。

 

Next Page▶︎ 入社して3年半が経過した大塚さんに、職場の雰囲気や仕事を通してのご自身の変化、就活を控えたみなさんへのアドバイスなどを伺いました!

Pages: 1 2